歴史あるスタンダードな方法

赤ちゃんが生まれたら、幸せな一生を送ってくれるよう願うものですよね。最近は、利用されることが少なくなってきたようですが、最もオーソドックスな方法は、姓名判断でしょう。総格・外格・天格・人格・地格に基づいて運勢を占う方法です。占いなんて気にしない!という人でも、悪い画数の名前より、良い画数の名前にしたいというのが親心ですよね。インターネットでも簡単に占えるので、自分の付けたい名前を占ってみると良いでしょう。

耳触りの良い音を並べる方法

近頃は、名前を見ただけではどんな読み方をするのかわからない名前が多いですよね。学校でも、先生が読み方がわからなくて困っているとニュースにもなっています。そのような名前は、好みの音感の名前に、漢字を当て字のように合わせてつけられています。女の子なら可愛らしい音感の名前、男の子ならかっこいい音感の名前など、インスピレーションで決める方法です。個性的で現代風の名前になることが多いですが、あまり悪目立ちしないように命名してあげたいですよね。

生まれた季節に合わせた方法

赤ちゃんが生まれた季節は、ママやパパにとっても、赤ちゃんにとっても思い入れのある季節となりますよね。春なら、季節の花をイメージした「さくら」や、夏なら、海をイメージした「海人」、秋なら、紅葉をイメージした「もみじ」、冬なら、雪を連想させる名前など、色々なイメージが湧いてきます。季節に関する名前は、毎年行われている、最も命名された名前ランキングにも常にランクインしており、響きの良い名前も多いですよね。

赤ちゃんの命名の際にはその赤ちゃんが一生使っていく名前だということを考えて、愛情を込めて付けることが必要です。

Categories: 未分類

Comments are closed.