自転車は平和の象徴です。

エコな乗り物として、軽自動車やハイブリッド自動車が話題になりますが、自転車に勝るものはありません。人口12億を誇る中国でさえ、経済成長前は、多くの国民の日常の足と言えば自転車でした。自転車が日常の足であった頃の中国は、反日的ではなく、日中関係は友好的なものでした。自動車が増え、排気ガスが蔓延し、渋滞が増えだすと、知らず知らずにストレスを生み出し、やり場のない気持ちは反日活動に向けられました。今こそ、中国人に限らず、自転車に乗ることで、心身ともに健康な生活が送れ、限りある資源を、平和的に有効活用できるようになります。

輪行バッグに入れればバス・電車にも乗れます。

都会での生活で困ることは、駐車場があまりにも足りないことです。地方であれば、一家に一台の自動車は当たり前で、1人に一台の家庭も珍しくありませんが、都会では、駐車場代が地方の家賃代に相当するので、マイカーを持つことすら困難です。交通網が整備された都会でも、少し路線を外れると、不便を感じ、タクシーを使えば費用がかさみます。そんな時、自転車があれば便利で、折りたたみで、輪行バックに入ることが出来れば、どこにでも持っていけるので、費用をかけづ、シティーライフを満喫出来ます。

自転車は決して、容易な乗り物ではありません。

自転車は、現在、年齢制限もなく、無資格でも乗りことが出来、誰でも手続きなしに、容易に入手することが出来ます。しかし、自転車はスクーターと変わらないぐらいのスピードが出て、事故を起こせば使用者責任、子供が事故を起こせば、保護者の管理責任などの問題が生じます。現在ネットで海外製の安価な自転車が出回っていますが、整備不良や元々の性能不良が原因で、重大な怪我を起こすことが社会問題にもなっています。兵庫県では自転車の保険が義務化されるなど、自転車に乗るなら、保険に入り、整備・性能がしっかりしたものを購入することが責務となります。

取扱メーカーがたくさんある名古屋の自転車のショップでは、試乗もできるので実際に感触を確かめられ、最適な自転車を選択できます。

Categories: 未分類

Comments are closed.