交通事故は不満だらけ

交通事故は不満が生じるものとしてよく知られています。当事者同士の言い分が異なり、後にトラブルへと発展することも多いです。特に当事者でどちらに過失があるのかを明らかにする過失割合は、言い分が異なることから決定した後も揉めることが多くなります。この過失割合は、賠償金が300万円提示された場合、3割の過失があると決定されれば、その300万円の3割を引かれることになります。よってこの割合というのは、非常に重要な数字です。

その不満は交通事故専門の弁護士に相談

過失割合は、賠償金の額を変化させるものになりますので、不満があれば交通事故専門の弁護士に相談するようにしましょう。相談料は無料、そして賠償金が入ってから費用を支払うことができる交通事故を専門に扱う法律事務所もありますので、よく探して相談してください。交通事故専門の弁護士であれば、警察の実況見分などをもう一度見直すことで、過失割合が覆ることもあります。これは実績と経験がある弁護士にしかできないことですので、まずは相談から始めてください。

面倒な手続きや交渉をすべて行う代理人

交通事故を起こした当事者同士は、なるべく顔を合わせたくないものです。特にトラブルへと発展してしまった場合は、顔を合わせるのも嫌になるでしょう。そのような面倒な交渉をすべて行ってくれるのが弁護士になります。多くは示談で決着をつけることが多いですが、仮に裁判まで行った場合でも、すべて代理人として仕事を行ってくれます。怪我をしてしまった場合など感情的になってしまい、余計なトラブルになってしまうことも多いですので、代理人を付けて問題解決をするのがおすすめです。

交通事故の弁護士は交通事故後のトラブルを解決してくれるので加害者も被害者もどちらでも相談依頼できます。

Categories: 未分類

Comments are closed.